家族

脳細胞を活性化|認知症を予防して脳から若返る

脳細胞を守るために

夫婦

原因や症状

脳細胞は、脳を正常に機能させるために働いています。この脳細胞が減少することで、脳が小さくなり、うまく機能しなくなる病気が認知症です。初期のうちは、記憶力や集中力などが低下する程度ですが、進行していくうちに、様々なことが認知できなくなっていきます。状況や目の前にいる人のことが分からなくなり、徘徊したり暴れたりするようになるのです。認知症は、高齢になるほど発症しやすくなるので、昨今では若いうちから予防のためにサプリメントを飲む人が増えてきています。認知症は、脳細胞の減少が原因ですから、脳細胞を守る効果のあるサプリメントを飲むことで、予防が可能となるのです。具体的には、ホスファチジルセリンやフェルラ酸などのサプリメントが飲まれています。

具体的な効果

ホスファチジルセリンは、細胞を覆う細胞膜に含まれる成分で、これは年をとるにつれて減少しやすくなります。年をとることで認知症を発症しやすくなるのは、ホスファチジルセリンの減少により細胞膜の質が低下し、脳細胞が守られにくくなることが原因なのです。そのためサプリメントでこれを摂取しておけば、細胞膜の質が向上し、脳細胞が守られやすくなり、認知症の予防効果が出てくるわけです。また、フェルラ酸はポリフェノールの一種で、強い抗酸化力があります。細胞は酸化することで衰えていくのですが、脳以外の場所では新しい細胞がすぐに作られます。しかし脳細胞は作られにくいので、そのためフェルラ酸の摂取で酸化を防ぐことが、認知症予防につながるのです。高齢化により認知症を発症する人が増加しているため、これらのサプリメントの需要もどんどん高まっています。

さまざまな健康効果

ウーマン

サポニンは植物に含まれた成分で、高麗人参やマカなどにも含まれています。血栓を溶かす作用があるため、コレステロール値が高い人にはおすすめの改善策となります。他にも、抗酸化作用の効果で疲労や美容にも効き目を発揮していくので、若さを実感していくこともできます。

もっと読む

血糖値をコントロールする

サプリ

糖尿病になると食事制限が必要になりますが、サプリメントを利用すると糖の吸収を抑えるなどカロリーコントロールが楽になります。親が糖尿病だと体質や生活習慣を受け継ぐので発症しやすくなります。特に40歳過ぎてからなる人が増えるので、予防を心がける事が大切です。

もっと読む

血栓ができにくい血管

魚

血栓が詰まってしまうと心筋梗塞や、脳梗塞の病気を発症してしまうかもしれません。血栓ができにくい血管を作っていくためにはDHAの摂取が効果的です。血液細胞が柔軟性を持つことができ、血栓ができにくくなってきます。

もっと読む